スカイトラックスは、パリ・エアショーで発表した「ワールド・エアライン・アワード2017」の「ワールド・ベスト・キャビン・スタッフ」部門で、トップにガルーダ・インドネシア航空を選出した。

ガルーダ・インドネシア航空では、「ワールド・ベスト・キャビンクルー」を2014年から3年連続で受賞している。日本の航空会社では、2位に全日空(ANA)、8位に日本航空(JAL)が選ばれている。

「ワールド・エアライン・アワード」では、ガルーダ・インドネシア航空は10位となり、2016年の11位から1ランク上昇した。

■ランキング

1位:ガルーダ・インドネシア航空

2位:全日空(ANA)

3位:エバー航空

4位:タイ国際航空

5位:シンガポール航空

6位:カタール航空

7位:アシアナ航空

8位:日本航空(JAL)

9位:キャセイパシフィック航空

10位:海南航空

11位:オーストリア航空

12位:ルフトハンザ・ドイツ航空

13位:オマーン航空

14位:エティハド航空

15位:エミレーツ航空

16位:マレーシア航空

17位:マレーシア航空

18位:KLMオランダ航空

19位:ヴァージン・オーストラリア

19位:スイスインターナショナルエアラインズ

20位:ターキッシュ・エアラインズ

情報提供元:Traicy
記事名:「「ワールド・ベスト・キャビン・スタッフ」にガルーダ・インドネシア航空を選出 スカイトラックス発表