ジャパンインベストメントアドバイザー(JIA)は、ボーイング737 MAX 8を10機発注する方針を決定した。

JTAは子会社のJPリースプロダクツ&サービシイズ(JLPS)を通して、737型機や777型機を含む約60機の航空機のオペレーティング・リース事業を行っている。カタログ価格で11億2,000万米ドルで、JIAによるボーイングの新造機の直接購入は初めてとなる。

JIAの白岩直人代表取締役社長は、「当社がここで、このメッセージをお伝えできることを誇りに思います。このボーイング737 MAXの発注により、当社の航空機アセットに新たな一歩が加わり、オペレーティング・リースのポートフォリオに広がりを持たせることができます。MAXは、当社がオペレーティング・リースのレッサーとして、今後、エアラインのお客様に大いに貢献することになるでしょう。」とコメントした。

情報提供元:Traicy
記事名:「ジャパンインベストメントアドバイザー、ボーイング737 MAX 8を10機発注へ