ANAグループは、スカイトラックス社が発表した「ワールド・エアライン・アワード」で、2部門でトップとなった。

空港サービス全般で最も評価の高い航空会社に贈られる「World’s Best Airport Services」は5年連続6度目、アジアを拠点とする航空会社の中から、空港スタッフと客室乗務員によるサービス品質が最も優れている航空会社に贈られる「Best Airline Staff in Asia」は3年連続4度目の受賞となる。

成田空港では出発ロビーのカウンターレイアウトの刷新や新自動チェックイン機の導入、羽田空港第2ターミナルでは出発ロビーをリニューアルした。ANAラウンジではシェフサービスを導入し、利用者に直接できたての食事のサービスを行っている。また、上海とロンドンに加え、タイや香港でも客室乗務員の採用を開始したほか、各種コンテストを開催し、サービスレベルの向上にも務めた。

ANAグループは、スカイトラックス社から世界最高評価となる「5スター」の認定を受けている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA、「ワールド・エアライン・アワード」2部門で世界一 スカイトラックス社発表