大韓航空は、トロント〜ソウル/仁川線にボーイング787-9型機の導入を6月1日より開始した。

7月には3機目を受領し、8月にはソウル/仁川〜マドリード・北京線への投入を開始する。今後2019年までに10機を導入し、長距離線に投入する計画。

翼端の曲線構造物であるレイクト・ウイング・チップ(Raked Wing Tip)、後方ボディ(Aft Body)、翼構造物であるフラップ・サポート・フェアリング(Flap Support Fairing)は、大韓航空の釜山テックセンターで製造している。

■ダイヤ

KE073 ソウル/仁川(09:35)〜トロント(09:40)/6月1日〜

KE074 トロント(12:40)〜ソウル/仁川(15:10+1)/6月1日〜

KE913 ソウル/仁川(13:00)〜マドリード(18:55)/火・木・土(8月1日〜)

KE914 マドリード(21:05)〜ソウル/仁川(16:35+1)/火・木・土(8月1日〜)

KE853 ソウル/仁川(19:00)〜北京(20:05)/月・水・金・日(8月2日〜)

KE854 北京(21:15)〜ソウル/仁川(20:05)/月・水・金・日(8月2日〜)

⇒詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「大韓航空、トロント線にボーイング787-9型機投入開始 8月にはマドリード・北京へ