エアアジアは、ヨーロッパへの再進出を断念した。

トニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)が明らかにしたもので、多くのフルサービスキャリアが参入し、競争が激化していることや収益性が低下していることが要因。エアアジアではロンドンとパリ線を収益性が著しく悪いことから撤退し、2016年の再参入を目指していた。一部報道では、クアラルンプール〜イスタンブール〜バルセロナ線を開設する計画だった。

中長距離路線を運航するエアアジアXでは、飛行時間が8時間から9時間圏内をターゲットとしており、アジアを中心とした路線展開を継続する。6月28日より就航を開始する大阪/関西〜ホノルル線は日本から8時間以内であることを強調した。

一方で、シンガポール航空傘下のスクートは、シンガポール〜アテネ線をボーイング787-8型機で就航したばかり。ノルウェー・エアシャトルも、9月28日よりシンガポール〜ロンドン線を開設する。

■関連記事 スクート、シンガポール〜アテネ線の運航開始 ヨーロッパ初進出 詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エアアジア、ヨーロッパ再進出を断念