ノックスクートは、タイ民間航空局より、国際民間航空機関(ICAO)の国際安全基準を満たしたとして、航空運送事業許可(AOC)の再認定を受けた。再認定を受けたのは、タイの航空会社37社のうち4社目。

タイ民間航空局は6月末までに、ICAOに対してICVM(ICAO Coordinated Validation Mission)を正式に要請する。ICAOによる規制が解除されれば、日本とタイを結ぶ定期便の就航が可能となる。すでにタイ民間航空局は、タイの国際線のうち約77%にあたる5社に対してAOCの再認定を与えている。

ノックスクートのピヤ・ヨドマニ最高経営責任者(CEO)は、「我々は常に安全を最優先としております。タイ民間航空局に全面協力し、9か月間ICAOの国際安全基準の監査を受けました。LCCとしてタイの航空会社の安全基準を向上させ、また、タイの航空業界のイメージの回復に努めてきました。今後とも低価格で良いサービスを提供してまいります。」とコメントした。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ノックスクート、タイ民間航空局が航空運送事業許可を再認定