ジェットスター・ジャパンは、国土交通省が「航空機による爆発物等の輸送基準等を定める告示」の一部を改正し、7月1日に施行することに合わせ、注意を呼びかけている。

リチウムイオン電池が内蔵された携帯用電子機器が貨物室で発火する事態を防止するため、7月1日以降は、携帯用電子機器の電源を切ること、強固なスーツケースへの梱包や衣類等で携帯用電子機器を保護し、偶発的な作動や損傷を防止するための措置をとることが必要となる。スリープモードなどでの預け入れはできない。

リチウムイオン電池は、携帯電話、スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、電気カミソリなどに使用されている。モバイルバッテリーなどの予備電池は引き続き、受託手荷物として預け入れることはできない。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ジェットスター・ジャパン、リチウムイオン電池内蔵の電子機器預け入れで注意呼びかけ