日本航空(JAL)は、熊本玄米研究所・玄氣堂が製造・販売している「玄米ペーストパン」を6月30日まで、羽田空港の国内線「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」と阿蘇くまもと空港の「サクララウンジ」で提供している。

提供するのは、「玄米塩バターパンミニ」と「玄米ミニクロワッサン」で、提供個数は羽田空港では1日100個から150個程度、阿蘇くまもと空港では1日30個程度。

玄氣堂では、米の需要促進と耕地の再利用を図るため、玄米をペースト化させ加工する技術を開発し、玄米100%グルテンフリーのパスタや、玄米80%以上でグルテン20%以下のパンの製造販売を行っている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、羽田空港と熊本空港のラウンジで「玄米ペーストパン」提供 6月30日まで