中国の雲南祥鵬航空(ラッキーエア)は、昆明とフィリピンの2都市を結ぶ路線を相次いで開設した。

昆明〜マニラ線を5月26日から月・金曜の週2便、昆明〜セブ線を6月1日から火・木・土曜の週3便就航している。一帯一路構想を強化し、中国とフィリピンをつなぐものとなるとしている。

ラッキーエアは海南航空傘下の格安航空会社(LCC)。45機を保有し、国内線と国際線29路線を運航している。

■ダイヤ

8L9583 昆明(00:25)〜マニラ(03:40)/月・金

8L9584 マニラ(04:40)〜昆明(08:00)/月・金

8L9747 昆明(13:40)〜セブ(18:15)/火・木・土

8L9748 セブ(19:15)〜昆明(23:20)/火・木・土

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「雲南祥鵬航空、昆明とフィリピン2都市を結ぶ路線を開設