アエロフロート・ロシア航空は、ウズベキスタンのサマルカンド国際空港が改修工事のため、6月30日から7月31日まで閉鎖されるため、期間中はナヴォイ国際空港に発着空港を変更する。

モスクワのシェレメチェボとサマルカンドを発着する路線を週2便運航している。代替便もスケジュールは同様となり、モスクワ/シェレメチェボ発は火・木曜、ナヴォイ発は火・金曜となる。サマルカンドとナヴォイは約180キロ離れているので注意が必要となる。

■ダイヤ

SU1974 モスクワ/シェレメチェボ(01:25)〜ナヴォイ(07:25)/火

SU1974 モスクワ/シェレメチェボ(22:50)〜ナヴォイ(05:05+1)/木

SU1975 ナヴォイ(09:05)〜モスクワ/シェレメチェボ(11:10)/火

SU1975 ナヴォイ(06:40)〜モスクワ/シェレメチェボ(08:45)/金

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「アエロフロート、サマルカンド国際空港の改修工事で発着空港を変更