ルフトハンザ・ドイツ航空は、全客室乗務員にiPad miniを配布する。

すでに6月第1週の時点で2万台を配布しており、数週間以内に全ての客室乗務員に配布する。専用アプリ「Lufthansa crewFlight(ルフトハンザ・クルーフライト)」を活用することで、座席表やサービスに関する情報など、必要なデータを瞬時に入手できるようになる。ペーパーレスや既存プロセスの簡素化を実現するもので、多くの時間を利用者のために割くことが可能になるという。

パイロット4,300人にはすでに電子フライトバッグ(EFB)を導入しており、客室マネージャーにもタブレット端末を支給していた。反応が良好であることから、全客室乗務員への配布を決めた。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ルフトハンザ、全客室乗務員にiPad miniを配布