カタール航空は、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、エジプト、バーレーンの4カ国へのすべての便の運航を停止すると発表した。

4カ国を発着する、7月6日までに発着する航空券は、払い戻しや目的地の変更を無料で受け付ける。目的地の変更は、カタール航空が運航する最も近い代替地への変更となる。日本地区予約センター、ドーハのコールセンターで受け付ける。4カ国のカタール航空のオフィスは影響を継続する。

カタール航空によると、ヨーロッパやアメリカなど、他の目的地へのフライトは影響を受けない。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「カタール航空、カタールと断交の4カ国への全便の運航停止