「FIFA U-20 ワールドカップ韓国2017」が開催されるのに伴い、韓国国内の空港で保安レベルが引き上げられている。

適用空港は仁川国際空港、金浦国際空港、金海国際空港、清州国際空港、大邱国際空港、済州国際空港の6つの空港。期間は5月17日から6月13日まで。期間中は保安検査が強化されており、空港の混雑が見込まれているため、航空会社では通常より時間に余裕を持ち、搭乗手続きや出国手続きを済ませるよう呼びかけている。

「FIFA U-20 ワールドカップ韓国2017」は、5月20日から6月11日まで開催。6つの連盟から24チームが出場する。会場はいずれも韓国の、仁川、大田、天安、水原、全州、西帰浦の競技場。

情報提供元:Traicy
記事名:「韓国国内の6空港で保安レベル引き上げ、U-20ワールドカップ開催で