シンガポール航空は、シンガポール航空カーゴをシンガポール航空の一部門として再統合すると発表した。

2018年上半期にも統合が完了する予定で、シンガポール航空の貨物部門として運営する。業務内容には変更なく、ボーイング747-400F型機7機の運航、シンガポール航空、シルクエアー、スクートが運航する機体の貨物室の管理を行う。

シンガポール航空カーゴは、2001年7月1日まではシンガポール航空の一部門として運営されてきた。当時は貨物機の機体数を17機まで増やす計画であったものの、近年は機材数が適正化され、旅客機での貨物運搬から得られる収益率が著しく増加しているという。約900名の従業員の大多数は貨物部門で引き続き雇用されるものの、一部の従業員は他部門へ転属され、代わりの職種が未定の従業員はグループ内の部署への配属が斡旋される。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シンガポール航空、シンガポール航空カーゴを再統合 2018年上半期にも完了