海外・国内旅行で最も優れた企画旅行と訪日旅行で実施された企画提案に対して表彰を行う、「ツアーグランプリ 2017」を実施する。

「ツアーグランプリ」は今年で24回目。海外旅行、国内・訪日旅行それぞれの部門で、デスティネーション開発・創造性などの企画の独創性、販売・集客性、価格の整合性の観点から、優れた企画旅行(募集型・受注型)を表彰する。選考対象は2016年7月から2017年6月までに催行された企画旅行と訪日旅行で実施された企画提案。応募の中から国土交通大臣賞1点、観光庁長官賞、海外旅行部門グランプリ賞、国内・訪日旅行部門別グランプリ賞を選出する。

7月下旬に1次選考会を実施し、日本旅行業協会(JATA)海外・国内・訪日旅行推進委員会と旅行有識者による事前審査を行う。審査委員会は8月上旬に開催し、グランプリなどを選出する。発表と表彰は、9月23日に「ツーリズムEXPOジャパン 2017」の会場内ステージで行う。

2016年には、国土交通大臣賞は阪急交通社の「美しきアルザス地方・ドイツ黒い森と花々の楽園マイナウ島・ルクセンブルグ8日間」、観光庁長官賞〔海外旅行部門〕はクラブツーリズムの「中国・張掖丹霞地貌(ちょうえきたんかちぼう)絶景ハイキング旅5日間」、観光庁長官賞〔国内・訪日旅行部門〕はワールド航空サービスの「日本旅百景」が選ばれた。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「優れた企画旅行などを表彰する「ツアーグランプリ 2017」、応募受付中 「ツーリズムEXPOジャパン」で表彰