デルタ航空は、日本とアメリカを結ぶ路線のエコノミークラス「メインキャビン」で2016年に導入したサービスの内容をまとめたアニメーション動画を公開し、「小さなことを大切に」キャンペーンを開始した。

動画を視聴の上、自身の心に残る「小さなこと」が大きな喜びになったエピソードを記入して応募した人の中から、日本とアメリカの都市間の「メインキャビン」ペア往復航空券を1名、300米ドル分のトラベルバウチャーを4名、50米ドル分のトラベルバウチャーを20名にプレゼントする。

デルタ航空では、アイマスクと耳栓が入った「スリープキット」、イヤホン、ペットボトルの水の配布に加え、2016年7月には日本発便ではハーゲンダッツ、アメリカ発便ではベン&ジェリーズかマグナムのアイスクリームの提供を開始。2016年10月にはスリッパの提供を開始した。2016年11月にはブランケットを明るい厚地の織物に変更した。その他にも、和食の質の向上や、機内エンターテインメント「デルタスタジオ」の日本語コンテンツを増加させている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「デルタ航空、日米線エコノミークラスの新サービスをまとめた動画公開 航空券などのプレゼントキャンペーンも開始