エールフランス航空は、7月よりファーストクラス「ラ・プルミエール」で、リッツ パリのチーフバーテンダー、コリン・フィールド氏の創作カクテル「雲の上で味わう極上のカクテル」を提供する。

カクテルはカルバドス、コニャック、リンゴジュース、シャンパンなどをベースにしており、ファーストクラスを担当する客室乗務員1,150人は特別研修を受講した。メニューは3ヶ月ごとに更新する。提供を行うのは、ボーイング777-300型機とエアバスA380型機のファーストクラス。

1920年代に航空会社は豪華ホテルや豪華客船などのサービススタッフの雇用を始めた。1930年代にエールフランス航空では、白いジャケットを着用し、飲み物や軽食などのサービスに当たる空飛ぶバーテンダーが活躍していたという。

コリン・フィールド氏は、1961年イギリス生まれ。フランス最優秀バーテンダーコンテストで銀賞を受賞、マティーニ ワールドグランプリコンテストで銀賞を受賞。1994年にリッツ パリのチーフバーテンダーに就任した。1997年と2004年には、フォーブス誌で2度、世界で最も偉大なバーテンダーに輝いている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エールフランス航空、ファーストクラスで”世界で最も偉大なバーテンダー”の創作カクテル提供