フジドリームエアラインズは、5月22日搭乗分より、「スポーツ用自転車搭載サービス」を開始する。

分解や折りたたみで規定サイズに収まるスポーツ用自転車を受託手荷物として一人20キロまで無料で預かる。搭乗日の3日前までにフジドリームエアラインズのコールセンターへ申し込むことで、専用のハードケースを出発空港で無料で貸し出す。サイズは幅1,000ミリ、高さ800ミリ、奥行き300ミリ以下に収まるものが対象。対象路線は全路線で、積み込み台数は1便あたり最大7台までとなる。重量が超過している場合には超過手荷物料金が別途必要となる。空港では、出発の30分前までに預け入れる必要がある。

液体式パンク修理用接着剤やスポーツ用酸素缶は爆発や引火の恐れがあるため、預け入れることはできない。緩衝材は自身で用意する必要がある。

「スポーツ用自転車搭載サービス」の開始を記念し、6月30日までにTwitterやInstagram、Facebookに自転車で行ってみたい旅先やサイクリング・ルートをハッシュタグ「#FDABIKE」付きで投稿した人の中から抽選で5名に軽量ショルダーバッグ「カンパラパック」をプレゼントする。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「フジドリームエアラインズ、スポーツ自転車の預かりサービス 専用のダンボール用意