エボラブルアジアは、総合旅行サービスプラットフォーム「AirTrip(エアトリ)」の海外航空券サービスを5月12日にグランドオープンした。

プレオープン時にはレガシーキャリアのみを取り扱っていたものの、ジェットスター航空、ジェットスター・ジャパン、ジェットスター・アジア、ピーチ、バニラエア、春秋航空、春秋航空日本、エアアジア、タイ・エアアジア、タイガーエア・台湾の格安航空会社(LCC)10社を新たに追加した。今後は海外発着のLCCにも拡大し、計100社のLCCを取り扱う計画。3年後には取扱高100億円を目指す。

エボラブルアジアは、2016年9月にグローバル展開事業部を新設し、12月にはベトナムに子会社を設立している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エボラブルアジア、総合旅行サービスプラットフォーム「AirTrip」の海外航空券サービスをグランドオープン LCC10社の取扱い追加