デルタ航空

デルタ航空はエアバスに対し、現地時間5月11日、エアバスA321ceoを30機追加発注した。

すでにデルタ航空は、エアバスA321ceoを3回発注しており、初号機は2016年3月に引き渡されている。今回の発注を含めると、発注機数は112機となる。デルタ航空に引き渡されるほとんどのエアバスA321ceoは、アメリカ・アラバマ州モービルの最終組立工場で製造する予定。2017年末までに月産4機を製造する計画で、ほとんどがアメリカの航空会社に納入される。

デルタ航空が受領するエアバスA321ceoは全機にCFMインターナショナル社製CFM56エンジンを搭載する。翼端にはシャークレットを装備しており、航続距離は最大100海里(約185キロ)、ペイロードを約450キロ増加させることができる。

■関連記事 デルタ航空、エアバスA321ceoを37機発注 米モービルで製造

情報提供元:Traicy
記事名:「デルタ航空、エアバスA321ceoを30機追加発注 発注機数は112機に