6月3日と4日に、千葉県の幕張海浜公園で開催される「レッドブル・エアレース千葉2017」のスペシャル・サイドアクトとして、「零式艦上戦闘機(零戦)」が東京湾を飛行する。

今回飛行する機体は、三菱重工業が1942年に製造した零式艦上戦闘機二二型で、全長9.06メートル、全幅12メートル、重量1863キロ、最高時速540.8キロ。パプアニューギニアに落ちていた残骸から復元されたもので、世界に現存する4機のうち、現在も空を飛ぶことのできる貴重な1機。

「零戦里帰りプロジェクト」の一環で、かつて日本が誇った技術を見直し、日本の航空業界、社会全体がさらなる飛躍を遂げる貴重な機会になればとの願いを込めたという。

すでに、ダグラス・エアクラフト社が開発したプロペラ機、DC-3がローパス(低空飛行)を披露することも発表している。

■関連記事 DC-3が幕張上空をローパス、「レッドブル・エアレース千葉2017」に合わせて

情報提供元:Traicy
記事名:「零戦、東京湾を飛行 「レッドブル・エアレース千葉2017」で