バニラエアは、Worldpayのオンライン決済システムを採用した。

これにより、アリペイ、銀聯(UnionPay)、ダイナース、ディスカバーのほか、近日中に対応予定のアメリカン・エキスプレスでの決済が可能となる。各地域でよく利用されている決済方法を取り入れて予約手続きが進められることから、これまでと異なる顧客層へのリーチが可能となる。不正検知ツールによりリアルタイムで不正検知や防止ができるほか、データ分析やレポーティングツールを利用することで、決済方法や決済通貨の把握も容易となった。

オンライン予約システムは、エア・ブラック・ボックス社のシステムを導入しており、バリューアライアンスに加盟する格安航空会社(LCC)同士の乗り継ぎが可能となるほか、乗り継ぐ他社便の航空券もワンストップで予約、購入、支払いを行うことができる。

Worldpayは、世界の航空会社80社以上と取引を行い、25年以上の業界実績を誇る。146カ国の126の通貨による決済が可能となり、300以上の決済手段の受け入れができる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「バニラエア、Worldpayのオンライン決済システムを採用