インドネシア・エアアジアXは、5月25日より就航を開始する東京/成田〜デンパサール線を、6月18日より毎日運航に増便すると発表した。

当初は週4便で運航を行う計画だったものの、3月21日より航空券の販売を開始したところ、多くの反響があったためデイリー化を決めたという。5月25日から6月17日までは、東京/成田発は月・火・木・土曜、デンパサール発は月・水・金・日曜に運航する。東京/成田〜デンパサール線はガルーダ・インドネシア航空が1日1便を運航しており、合わせると両空港をダブルデイリーで結ぶことになる。

デイリー運航を記念し、きょう5月8日から31日まで、6月18日から2018年6月5日までの搭乗分を対象に、エコノミークラスは片道11,900円から、プレミアムフラットベッドは36,900円から販売する。燃油サーチャージ、諸税は含まれている。

インドネシア・エアアジアXは、2014年に設立。プレミアムフラットベッド12席、エコノミークラス365席の計377席を配置したエアバスA330-300型機を2機保有している。日本への定期便の乗り入れは初めてで、3月17日には国土交通省から外国人国際航空事業の経営許可を取得している。

■ダイヤ

XT402 東京/成田(08:25)〜デンパサール(14:25)

XT401 デンパサール(23:00)〜東京/成田(07:10+1)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「インドネシア・エアアジアX、東京/成田〜デンパサール線をデイリー化 6月18日から