エミレーツ航空は7月2日より、ドバイ〜デンパサール線をダブルデイリーに増便する。

これにより、アムステルダム、モスクワ、パリ、ロンドンからのシームレスな乗り継ぎが可能となるだけではなく、スラバヤ、マカッサル、ロンボクへのインドネシア国内の都市への接続も可能となる。機材は、ビジネスクラス42席、エコノミークラス386席の計428席を配置した、ボーイング777-300ER型機を使用する。

エミレーツ航空は1992年に、シンガポールとコロンボ経由でデンパサールへ週3便での乗り入れを開始。2013年3月に週3便で直行便化し、2015年6月にデイリー運航に切り替えた。

■ダイヤ

EK360 ドバイ(01:25)〜デンパサール(14:30)

EK361 デンパサール(16:30)〜ドバイ(21:30)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エミレーツ航空、ドバイ〜デンパサール線をダブルデイリーに 7月2日から