大韓航空は、ペルーの洪水で被害を受けた被災地へ、緊急救護物資を輸送した。

2016年12月にペルー北部で豪雨と土砂災害が発生し、ペルー全域の約12万世帯で浸水などの被害が発生。60万人の被災者が発生した。大韓航空では、ソウル/仁川発リマ線で貨物定期便を運航していることから、4月12日のKE273便でミネラルウォーター9,000リットル(6,000本)を輸送した。

大韓航空では、今後も駐韓ペルー大使館が準備したヘルメットなどの支援物資を無償輸送する計画。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「大韓航空、ペルーの洪水被害被災地へ緊急救護物資を輸送