JR西日本は、インターネット予約サービス「e5489(いいごよやく)」で取り扱うきっぷの支払い方法に、コンビニエンスストア、ATM、ネットバンク、駅の指定席券売機やみどりの窓口での現金払いを5月16日より追加する。

対応するコンビニエンスストアは、ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス、デイリーヤマザキ、ミニストップ、セイコーマート、スリーエフ、セブン-イレブン。金融機関は、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行などベイジー対応ATM、ネットバンクなど。JR西日本、JR四国、JR九州の指定席券売機やみどりの窓口でも支払いができる。コンビニエンスストアと金融機関での支払いは、ウェルネットの代行収納サービスを利用する。

乗車日の1ヶ月前午前10時から2日前までの予約が対象で、支払期限は予約日から3日以内。乗車日の4日前から2日前までの予約では、乗車日の2日前までとなる。対象区間は、JR西日本、JR四国、JR九州のエリア内で完結する区間。通常のきっぷのほか、スーパー早特きっぷ、WEB早特1、ぐるりんパスなども対象となるものの、J-WESTカード会員専用のきっぷ、チケットレスサービスは除外となる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JR西日本、ネット予約でも現金支払い可能に 5月16日から