阪急交通社は、ゴールデンウィークに外国船2隻を同時チャーターし、横浜港を出発し日本を周遊するクルーズを行う。チャーターするのは「MSCスプレンディダ」と「ノルウェージャン・ジュエル」で、日本初就航となる。

いずれも4月28日発、5月6日着の9日間のツアーで、「MSCスプレンディダ」は137,936トン、長さ333メートル、東周り航路で青森、福岡、神戸、釜山に寄港し、「青森の桜」や「博多どんたく」などを楽しむ。フォーマルナイトは2回設ける。旅行代金は99,800円から699,800円。「ノルウェージャン・ジュエル」は93,502トン、長さ294メートル、西周り航路で高知、那覇、石垣島、台湾の基隆にも立ち寄る。那覇〜石垣間では夏川りみが乗船し、ミニライブも開催する。旅行代金は119,800円から1,800,000円。いずれも大人と同室の3、4人目の子供を対象に、13歳未満は旅行代金が無料となる。4月15日より販売を開始する。訪日外国人へも販売を行う予定。

従来はシニア層がターゲットであったクルーズが、手頃な価格で利用できるようになったことから、若い世代やファミリー、三世代旅行に適した商品を提供する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「阪急交通社、GWに外国船2隻をチャーターしクルーズ 9日間で9万円台から