アパグループは、「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」の起工式を、4月7日に執り行った。

「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」は、日本最大級の35階建て、全2,311室を擁する高層タワーホテルとなる。1棟の建物としては日本最大の客室数となる。最大600名を収容する宴会場、露天風呂付きの大浴場、屋外プール、フィットネス・エステも併設する。1階と最上階にはレストランやカフェなど飲食店5区画、コンビニエンスストア、売店も設ける。平成31年秋の開業を予定している。アパグループでは現在5棟のタワーホテルを運営しており、6棟を計画、建設。いずれも東京オリンピック・パラリンピック前の開業を予定している。

アクセスは、馬車道駅から徒歩3分、桜木町駅より徒歩9分。横浜赤レンガ倉庫、横浜中華街、横浜ランドマークタワーなどの観光名所へも徒歩圏内。市役所の移転や開発中のビルもあることから、ビジネス需要も多く見込んでいる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」、建設に着工 1棟で日本最大の客室数