中部国際空港は、アメリカ・ワシントン州のペインフィールド空港は、空港運営等に関する協力覚書を、4月14日付けで締結した。

ペインフィールド空港は、ボーイング787型機の生産拠点であるエバレット向上に隣接しており、中部国際空港を発着する貨物機「ドリームリフター」の寄港地のひとつ。2015年7月にボーイングから寄贈された、ボーイング787型機試験機「ZA001」が2009年に飛び立った空港でもある。

「ZA001」を展示する、2018年夏ごろに完成予定の商業施設「FLIGHT OF DREAMS」のパートナーであるシアトル市などの関係団体の助力で実現したもので、両地域、両空港の発展のために有益となる協力関係を強化する。

情報提供元:Traicy
記事名:「中部国際空港とペインフィールド空港が協力覚書