タイムズ24は、4月20日に東京・銀座にオープンする大型複合施設「GINZA SIX」のバス乗降場、駐車場、駐輪場、バレーサービスの管理・運営を行うと発表した。

銀座は多くの観光客が訪れるものの、観光バスの乗降所や待機のための駐車場が整備されていないため、乗降や路上待機などが交通渋滞を引き起こす要因となってきた。「GINZA SIX」に設けられるのは、「銀座六丁目バス乗降所」で、中央区が整備した。3台分のスペースが設けられており、予約制で乗車と降車で15分ずつ利用することができる。乗降場ではスタッフがバスを誘導し、予約情報をもとにデジタルサイネージで出発情報を掲示する。

スタッフはバスドライバーに、近隣のバス駐車場を案内することで、周辺道路でのバスの路上待機を削減することを目指す。バス乗降場のオープンは4月24日。営業時間は午前9時から午後9時まで。利用料金は無料。

情報提供元:Traicy
記事名:「大型複合施設「GINZA SIX」にバス乗降場オープン タイムズ24が管理