関西エアポートと南海バスは、関西国際空港の第1ターミナルエアロプラザと第2ターミナルを結ぶ路線に、連節バスを4月28日より2両導入する。

車体はメルセデス・ベンツ製で、全長18.12メートル、全幅2.55メートル、全高3.1メートル。2つの車体繋がっており、低床部分も広く、従来の標準ノンステップバスの約2倍となる100名程度が乗車できることから、大量輸送が可能となる。現在は1日平均で10,000人以上が利用しており、これにより混雑緩和や利便性、快適性の向上が見込まれるという。空港内の路線バスでは国内初、バス事業者としても大阪府内では初めての導入事例となる。

4月21日の午後2時から3時まで、運行開始記念セレモニーを開催し、試乗会や報道機関向け撮影会も行う。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「関西国際空港の第1ターミナルと第2ターミナル間に連節バス導入 メルセデス・ベンツ製