外務省は、韓国に滞在・渡航する人を対象に、朝鮮半島情勢に関する情報に注意するとともに、在留届や「たびレジ」での連絡先の登録を行うよう呼びかけるスポット情報を掲載した。

ただちに安全に影響がある状況ではなく、危険情報は出ていないとしながらも、北朝鮮は核実験や弾道ミサイル発射を繰り返していることから、スポット情報を掲載した。朝鮮半島情勢のについての情報には引き続き注意するとtもに、韓国への滞在が3ヶ月未満の場合は外務省海外旅行登録「たびレジ」への登録、3ヶ月以上の場合は「在留届」を提出し、連絡先を外務省に登録するよう呼びかけている。在留届は在留届電子届出システムのほか、郵送、FAXでの届け出もできる。

韓国には、ソウルに大使館、釜山と済州に総領事館を設けている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「外務省、韓国渡航・滞在者に注意喚起 朝鮮半島情勢の注視呼びかけ