ブリュッセル航空は、トーマスクック・エアラインズ・べルギーを吸収すると発表した。

パイロットと客室乗務員160名、航空機2機を、トーマスクック・エアラインズ・べルギーからブリュッセル航空に移籍する。残り3機はトーマス・クックグループ全体に再配備される。旅行会社のトーマス・クック・ベルギーは、トーマスクック・エアラインズ・ベルギー運航便の使用を、11月より停止する。

これによりブリュッセル航空は今後3年間で、北米、カリブ海、アフリカ、北米、アジアのリゾート地を中心に路線網を展開する。カーボベルデ、グラン・カナリア島、ランサローテ島、エジプトなどへの就航も計画している。

トーマスクック・エアラインズは、イギリスとスカンジナビア、ベルギーに拠点を置いている。この他にトーマスクックグループは、コンドル航空も傘下に置いている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ブリュッセル航空、トーマスクック・エアラインズ・ベルギーを吸収