奥凱航空(オッケー航空)は、青森〜天津線の定期便開設を、3月14日に国土交通省へ申請した。青森県知事が4月5日の定例会見で明らかにした。

1月16日から3月25日まで、計37往復74便を運航した定期チャーター便は、搭乗率は86.1%、利用者数は計11,476人と高い数字を記録した。宿泊施設やバス会社は、閑散期である冬にもかかわらず、一定の経済効果があったという。

青森県ではチャーター便の成功が定期便化への弾みとなったとして、早期の就航を目指し、航空会社や旅行会社などと調整を進める考え。

■関連記事 奥凱航空、青森~天津線に1月16日就航 22年ぶりの青森空港新規国際線  詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「奥凱航空、青森〜天津線を定期便化へ 国土交通省へ申請