パシフィカ・キャピタルは、大阪のオフィスビルを外資系ブランドホテルへのコンバージョンのアセットマネージャーに任命されたと発表した。

手がけるのは1992年に竣工した旧IDEC本社ビルで、地下1階、地上11階建て。客室数は約185室で、平均面積は17平方メートルから30平方メートル。ほぼ全ての客室にキッチンやコネクトルーム機能も備えている。地下にはスポーツジムと会議室も設ける。国内外の長期・短期の出張者や観光客をターゲットとする。2018年夏にも開業する予定。

アクセスは新大阪駅から徒歩15分。

情報提供元:Traicy
記事名:「パシフィカ・キャピタル、大阪のオフィスビルを外資系ブランドにコンバージョン 来夏開業へ