三井不動産ホテルマネジメントは、「三井ガーデンホテル熊本」の改装工事を終え、4月1日にリニューアルオープンした。

2016年4月に発生した熊本地震後に営業を停止し、10月1日に営業を再開。1月から客室内のレイアウトなどのリニューアルを進めてきた。客室は、熊本の豊かな自然や文化をデザインモチーフとして取り入れ、ビジネス利用に適したデスクスペースを確保したほか、くまモンをモチーフとした「くまRoom」もツインとトリプルルームに設けた。

ロビーやレストランの調度品なども一新し、熊本を代表する工芸品「肥後手毬」をモチーフとしたアートワークや「きじ馬」「おばけの金太」など郷土の民芸品・郷土玩具による装飾も行っている。フロント前にはくまモンと一緒に記念撮影ができる「くまモンソファ」を設置した。

「三井ガーデンホテル熊本」は、1991年4月に開業。全225室のほか、レストランや宴会場を備えている。アクセスは、JR熊本駅から車で5分。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「「三井ガーデンホテル熊本」、リニューアルオープン くまモンをモチーフとした客室新設