ジェイティービー(JTB)は、イギリスのスポーツトラベル&ホスピタリティグループ(Sports Travel & Hospitality Group)が日本に設立したSTH JAPANの株式のうち49%を取得し、スポーツホスピタリティ事業に進出する。

スポーツホスピタリティは、観戦チケットに上質な食事、エンターテインメントを組み合わせた高級志向のプロダクト。欧米では特別な観戦スタイルとして不可欠な商品だという。これにより、訪日観戦客の増加とスポーツGDPの拡大に大きく寄与するという。

JTBはSTHグループから、日本国内で唯一となるラグビーワールドカップ2019日本大会のオフィシャルトラベルエージェントとして指名を受けており、国内での観戦チケット付きツアーを独占販売していく。アジアやアメリカなどの指定国、地域外も対象として、グループ全社での販売行い、50,000名の取扱いを目指す。

さらに、JTBは海外のオフィシャルトラベルエージェントに対して、大会期間中の宿泊ホテルを提供するホテルバンク事業も、STH JAPANより独占で業務委託を受けた。ホテルだけではなく、国内の観光や飲食、体験型コンテンツの提供などを行っていく。

情報提供元:Traicy
記事名:「JTB、STH JAPANの株式49%を取得 スポーツホスピタリティ事業へ進出