フジドリームエアラインズは、高知県・志国高知幕末維新博推進協議会とネーミングライツ契約を締結し、ライトブルーの2号機(エンブラエル170型機、機体記号:JA02FJ)を「志国高知 幕末維新博」号と命名した。

高知空港で行われた命名式では、高知県の尾﨑正直知事から同社の米原愼一副社長に命名書が授与され、「志国高知 幕末維新博」ロゴのマーキングが施された機体が披露された。今後、2号機は、土佐の歴史と文化をテーマにした博覧会「志国高知 幕末維新博」を全国各地でPRする。

同社の機材はこのほか、9号機(エンブラエル175型機、機体記号:JA09FJ)が岩手県との契約により「黄金の國、いわて。」号と命名され、11号機(エンブラエル175型機、機体記号:JA11FJ)が長野県松本市との契約の一環として本市観光大使に任命されている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「フジドリームエアラインズ、2号機を「志国高知 幕末維新博」号に 高知県とネーミングライツ契約