日本航空(JAL)とハワイアン航空は、包括的業務提携を行い、2018年3月25日より共同運航(コードシェア)などを順次開始する。

日本とハワイを結ぶ路線などでの共同運航(コードシェア)、ラウンジの相互利用、マイレージプログラムでの提携を順次行う。

両社のコードシェアの対象となるのは、ハワイアン航空が運航する、札幌/千歳・東京/羽田・東京/成田・大阪/関西〜ホノルル線と東京/羽田〜コナ線、JAL便と乗り継ぎができるハワイ州内路線、JALが運航する、東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西〜ホノルル線と東京/成田〜コナ線、ハワイアン航空便と乗り継ぎができる国内線とアジア路線。両社のコードシェア便ではマイルの積算が可能となるほか、2018年度以降準備が整い次第、特典航空券への交換が可能となる。

ジャルパックはハワイアン航空便を利用する旅行商品を販売し、ジャルパックブランドでの販売強化を図る。ハワイアン航空は成田空港の利用ターミナルを第1ターミナルから第2ターミナルに移転する予定としている。日本とハワイの両社のラウンジは相互利用が可能となる。今後数ヶ月以内に、両社は日本とアメリカで独占禁止法適用除外(ATI)申請を行い、共同事業を実施する計画。認可後にはダイヤや運賃の調整が可能となる。ハワイアン航空にとって共同事業は初めてとなる。

JALの植木義晴代表取締役社長は、「ハワイアン航空とは良好な関係を築いてきた。1985年にはハワイ観光促進キャンペーンの一貫として、18名のハワイアン航空の客室乗務員が、JALのホノルル〜東京/成田・大阪/関西線に搭乗し、サービスを行った。1990年代にはハワイアン航空のカフルイとホノルル線で、JALの営業連絡便として運航委託をし、お客様の乗り継ぎ利便性向上を図っていた。確固たる安全基盤、高い定時性の維持、おもてなし、サービス品質など、お互いに共通した価値観を持っていると認識している。今年でハワイ線開設から63周年目を迎える。今回の提携でJALのハワイ線は新たなスタートを切る。」と話した。

ハワイアン航空のマーク・ダンカリー最高経営責任者(CEO)は、「JALとハワイアン航空は、多くの点で理想のパートナー。自国の文化に根付いたユニークなサービスで知られている。現在、東京からは1日3便、大阪からは1日1便、札幌からは週に3便をハワイへ就航している。ハワイアン航空にとって初の共同事業となり、日本〜ハワイ市場での他社の共同事業、業務提携に対抗する。」と応えた。

JALは日本〜ハワイ線は週49便、1日7便で結んでおり、全便を「JAL SKY SUITE」仕様機材で運航している。年末年始には、東京/成田〜ホノルル線の1日4便のうち1便を、ボーイング777-300ER型機に大型化し、ファーストクラスも設定する。

情報提供元:Traicy
記事名:「JALとハワイアン航空、共同事業展開へ ハワイアン航空は成田空港第2ターミナルに移転