エクステリア

JR東日本は、本物の自然の恵みや文化的魅力が存在する伊豆エリアに向けて、新たに観光特急列車を新造して運行すると発表した。

運行開始時期は2020年春の予定で東京・新宿~伊豆急下田駅間で運行することを予定している。車両形式はE261系8両×2編成で、1号車はJR東日本初のプレミアムグリーン車(1+1列)の導入、4号車は日本で愛される食文化の一つである麺(ヌードル)を楽しめる。

エクステリアデザインは伊豆の圧倒的で雄大な自然を表現。エクステリアのベースカラーである紺碧色は「伊豆の海と空」、車両前面から屋根上にかけてのホワイトは「伊豆の砂浜が太陽の光を受けて金色に輝く様子」、車体側面のグレーは「溶岩地形である城ヶ崎海岸の黒々とした岩石」をイメージしている。

車窓の景色の移り変わりを感じられる開放的な車内空間を提供するために各車の車体側面の上部に「天窓」を設ける。

プレミアムグリーン車

プレミアムグリーン車(1号車:伊豆急下田方)

JR東日本初となるプレミアムグリーン車はゆったりとしたプライベート空間とくつろぎの空間を実現する1+1列の座席でシートピッチ1250mm。天窓と窓からのダイナミックな車窓を楽しめるため収納スペースは座席下に配置した。

グリーン個室

グリーン個室(2~3号車)

気の合う仲間や大好きな家族と目的地までゆったりとした時間を過ごせるグリーン個室はカフェをイメージしたプライベート空間 は4名用と6名用を用意。

4号車その1

ヌードルバー(4号車)

こだわりの麺(ヌードル)を目の前で調理するオープンスタイルのキッチンに車窓を流れる相模湾の景色を眺めながらお食事を楽しめ るカウンター席とボックス席を設置。

グリーン車

グリーン車(5~8号車:東京・新宿方)

天窓からの陽の光がガラス製荷棚を通して車内に降り注ぐ 空間が心地よいグリーン車は伊豆の自然をイメージしたリラックスできる空間 ・従来の特急列車よりも広く快適な2+1列の座席はシートピッチ1160mm。

各車両に大型の荷物置き場を設置(2~3号車のグリーン個室は、室内に荷物スペースを設置)。無料公衆無線LANサービスの提供 、全席に電源コンセントを設置 。

車両のトータルデザインは奥山清行氏が代表を務める「KEN OKUYAMA DESIGN」、ヌードルバーのプロデユースとデザインは「TRANSIT GENERAL OFFICE」が担当した。

麺その1

麺その2

 4号車その2

「麺 (ヌードル)」のメニューは定期的に変更。また、飲食サービスは4号車でのほか、2~3号車の個室へのデリバリーサービスも提供する予定となっている。

※エクステリアデザインと各車両のイラストや麺(ヌードル)の写真はすべてイメージ

(画像提供:JR東日本)

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「JR東日本、伊豆エリアへ新たな観光特急を2020年春より運行