keikyu120-(4)

京浜急行電鉄は、創立120周年記念日の2月25日から京急大師線において歴代の名車のデザインを施した特別ラッピング列車「京急120年の歩み号」を運行開始する。

歴代カラーリングの計4デザインが4両1編成に再現し、約1年間前身である大師電気鉄道「発祥の地」である京急大師線で主に運行する予定となる。
keikyu120-1

1号車のデザイン使用期間は1924年から1965年、1924年に登場したデ51形の塗装をイメージ木製の扉もラッピングで表現している。

keikyu120-2

2号車のデザイン使用期間は1951年から1963年、1951年に登場した500形などの車両に施された赤・黄色の塗装をイメージしている。

keikyu120-3

3号車のデザイン使用期間は1953年から現在、1953年に登場した初代600形で初めて採用したデザインで現在も1500形や800形など多くの車両に使用している。(既存の1500形と同様のためラッピングは施していない)

keikyu120-4

4号車のデザイン使用期間は1978年から現在、赤・太い白帯のデザインは1978年に登場した800形から採用、今回の車両は1982年デビュー当時の2000形や現在の2100形などに採用しているデザインをラッピングする。

車内装飾は創立120年までの歴史を紹介、大師線沿線の幼稚園、保育園の子供たちが描いたイラストも展示する。

(画像提供:京浜急行電鉄)

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「京浜急行電鉄、創立120周年記念日の2月25日から歴代のカラーリングが復活