aisyo

大阪市交通局は、地下鉄新会社の大阪市高速電気軌道の愛称とビジュアルシンボルとなるロゴを決定した。

ブランドコンセプトは「走り続ける、変わり続ける。」

愛称は「Osaka Metro」で「Metro(メトロ)」の語源は、首都や大都市を表す「metropolis(メトロポリス)」であるが、世界の主要な都市の「地下鉄」を表す言葉として世界的に認知された名称で、多くの国・都市で使用している。今後の大阪のさらなる国際化を見据え、グローバルスタンダードである「Metro」を愛称に取り入れることで、「名立たる世界の大都市の『Metro』と肩を並べるとともに、大阪らしい『Metro』になる。」という強い決意を込めた。


rogo3

「Metro」の「M」の中に「Osaka(大阪)」の「O」を内包し、螺旋状の動きのあるフォルムで、「走り続ける」エネルギーや動力・推進力を表した。

色は、深く鮮やかな青をメインに用いることで、安全・安心の印象を想起させるとともに、エネルギッシュな大阪のまちや、走り続ける活力をイメージした。

動くシンボルマークとして、「マーク=平面の図形」という概念を打ち破る「チャレンジ精神」を表し、新会社がめざす「走り続ける」「変わり続ける」姿を象徴化した。

社名英文表記はOsaka Metro Co., Ltdとなる。

情報提供元:Ex-Train
記事名:「大阪市交通局、地下鉄新会社「大阪市高速電気軌道」の愛称とロゴを決定!