イメージ図2(背景あり)

近畿日本鉄道は、沿線の2大都市である大阪と名古屋を運行する次世代の特急として「新型名阪特急」を新造することを決定し、2020年春にデビューすると発表した。

ハイグレード車両 座席イメージ(前)


「くつろぎのアップグレード」をテーマに、日本初となる全席に後部座席に気兼ねなくリクライニングできるバックシェルを設置する。

先頭車両(ハイグレード車両)イメージ1

先頭車両(ハイグレード車両)イメージ2

ハイグレード車両は、大きなガラスで見晴らしの良いハイデッカー構造で前面の大きなガラスで左右に広がる印象の全面展望を実現する。

本革を使用した座席で日本最大級の前後幅130cm、横揺れを低減する電動式フルアクティブサスペンションを設置する。

中間車両(レギュラー車両)イメージ

レギュラー車両は、座席前後幅はレギュラー席としては近畿日本鉄道最大の116cm、ガラス製の荷棚と仕切扉を用いた開放感ある車内。

全車に大型荷物収容できるロッカー等の荷物置場、全車に空気清浄機、全席にコンセントを設置し、無料Wi-Fiを提供する。

イメージ図2(背景無し)

外観デザインは先進的でスピード感あふれる形状、カラーリング(透明感のある深い赤)。
6両編成レイアウト案


新造車両は6両編成8編成、8両編成3編成の計72両、順次投入する予定となっている。

(画像提供:近畿日本鉄道)

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「近畿日本鉄道、くつろぎのアップグレードをテーマに「新型名阪特急」を2020年春にデビュー