mitsubishi

三菱重工業とJR西日本は、11月4日、5日の2日間、 三原市内で「第14回三原浮城まつり」に合わせた三原城築城450年を記念した共同イベントを開催する。

三原駅周辺において、11月5日には新交通システムである高速AGT(小型軽量車両が専用軌道上の案内軌条に従ってゴムタイヤで走行する軌道輸送システム)を特殊車両に積載し、 およそ800mの区間においてパレードを開催する。両日とも各種の乗り物、環境パネル展示のほか仮設ステージを使ったイベントやミニ新幹線の運行を実施する。

11月5日には三菱重工業三原製作所和田沖工場において総合交通システム検証施設「MIHARA試験センター」を活用した高速AGTの乗車体験や鉄道の仕事体験、ミニ新幹線の運行、 新幹線ダンボールクラフトの展示、 飲食物の販売など、 公共交通システムに親しめる各種展示や体験プログラムを実施する予定となっている。

情報提供元:Ex-Train
記事名:「三菱重工業・JR西日本、瀬戸内三原 築城450年事業「第14回三原浮城まつり」に合わせイベントを開催 !