2017-07-22-AY8I7451

東武鉄道は、12年ぶりの新駅「東武ワールドスクウェア駅」を7月22日に開業した。

開業を記念して10時55分より開業式典を開催。駅改札前において根津嘉澄東武鉄道取締役社長、宮原弘東武ワールドスクウェア取締役社長、鈴木誠一栃木県副知事(栃木県知事代理)、斎藤文夫日光市長、八木澤哲男日光市観光協会会長、中村知久JR東日本執行役員大宮支社長、安生和宏東武鉄道鬼怒川温泉駅長の7名によりテープカットを行った。

2017-07-22-AY8I7357

開業一番列車は9時18分下今市始発会津田島行普通列車。

2017-07-22-AY8I7553

2017-07-22-AY8I7606

特急リバティ会津111号が11時4分に到着し、乗客234名が下車した。東武ワールドスクウェアのキャラクタートム・マイムが出迎え開業式典は終了した。

2017-07-22-AY8I7623

2017-07-22-AY8I7654

正午より東武ワールドスクウェアコンベンションホールにおいて祝賀会が行われた。 

新駅「東武ワールドスクウェア」は小佐越~鬼怒川温泉駅間に日光・鬼怒川地区のテーマパーク「東武ワールドスクウェア」の玄関口として利用に便利な時間帯に列車が停車する駅となり9時18分から18時18分の時間帯には特急列車も含めてほぼ全てが停車する。8月10日から運転を開始するSL「大樹」も運転日には1日6本停車する。

新駅開業に伴い、東武ワールドスクウェアには「SL広場」が新設され、女性用トイレには更衣室、パウダーコーナー、男性用トイレにはベビーベッドを設置、大型荷物も預けられるコインロッカー、ムスリム旅行者等の祈祷室を設けるなど外国人旅行客も含め訪れやすい環境を整えた。

情報提供元:Ex-Train
記事名:「東武鉄道、12年ぶりの新駅「東武ワールドスクウェア駅」を開業!