駅舎イメージ図(西口側)

相鉄グループの相模鉄道と海老名市は、2020年3月完成を目指して相鉄線海老名駅改良工事を行っている。

駅舎イメージ図(東口側)

新駅舎は地上3階建てとし、商業施設や保育施設を整備して利便性向上を図る。

2階改札イメージ(南口)1

2階改札イメージ(北口)1

混雑の解消を図るため既存の改札口に加え南北の2階部分にそれぞれ1カ所増設、ホームにはホームドアを設置する。

駅舎のデザインは、相鉄グループが取り組む「デザインブランドアッププロジェクト」の統一コンセプトに基づき、外壁に濃いグレーを採用し、内装にはキーマテリアルとなる鉄やレンガ、ガラス等を使用する。

(画像提供:相鉄グループ・相模鉄道)

※イメージ図は、現時点での完成イメージであり、今後デザインなどの変更が考えられます。

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「相模鉄道、相鉄線海老名駅をリニューアル!