e7_MG_7981

JRグループ6社は、ゴールデンウィーク期間(4月28日~5月7日)の輸送概況を発表した。

各社特急・急行列車の輸送量については、ゴールデンウィーク全期間は、JR北海道が26.5万人で前年比95%、JR東日本が409.8万人で前年比108%、JR東海が354.2万人で前年比111%、JR西日本が256.8万人で前年比109%、JR四国が13.1万人で前年比109%、JR九州が72.7万人で前年比116%、合計で1133.1万人で前年比109%であった。

前半(4月28日~5月2日)は、合計で480.7万人で前年比85%、後半(5月3日~7日)は、合計で652.4万人で前年比137%であった。

情報提供元:Ex-Train
記事名:「JRグループ、ゴールデンウィーク輸送概況を発表!