スマートホームドア(イメージ トリミング済)

JR東日本は、山手線等でのホームドアの導入と並行して、JR東日本メカトロニクスが開発した従来のホームドアより開口部が広く、低コストで工期短縮可能となる新たなホームドア「スマートドア」を横浜線町田駅に設置し、12月17日より試行開始する。

「スマートドア」の扉部は横開きのフレーム構造で、左右にスライド。既存のホームドアと同等の強度を確保しながら内部機構を簡素化している。列車の停車位置の許容範囲を広げるよう開口部の幅広を2,800ミリ、高さは1,100ミリにしている。

横浜線町田駅下り4番線ホームの東神奈川方1両分を整備し、2017年3月には八王子方2扉除く1編成分、2017年夏に八王子方2扉に新設を予定している。

(画像提供:JR東日本)

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「JR東日本、ホームドア「スマートドア」を町田駅で12月17日より試行開始