main

活用不動産を活かした宿泊事業を行っているR.projectは、ジェイアール東日本都市開発がコンバージョンしたビルにおいて、「旅の道中が楽しくなるホステル」をテーマに、「Train Hostel 北斗星」を12月15日にオープンする。

sub1

運行廃止となった寝台特急「北斗星」の2段ベッドや個室寝台の一部実車パーツを内装に再利用し、限られたスペースで細部にまでこだわった寝台列車の空間づくりを取り入れた「Train Hostel 北斗星」は、東京・日本橋のJR総武線快速「馬喰町」4番出口直結のビルにオープンする。

sub2

78ベッド、ドミドリー形式2段ベッド(一部半個室タイプ)に、宿泊料金は2,500円から4,000円。全スタッフが英語案内可能で、無料Wi-Fiを導入、ホームページは英語、韓国語、中国語に対応する。大型スーツケースの置き場も設置する。

情報提供元:Ex-Train
記事名:「「北斗星」の寝台を利用した「Train Hostel 北斗星」、12月15日にオープン!