_MG_9413

JR東日本と日本レストランエンタプライズは、東日本駅弁グランプリ「駅弁味の陣2016」開催期間中の11月6日に、上越新幹線において懐かしの駅弁立ち売りスタイルで車内販売を実施する。

新潟県内の駅弁各社のスタッフがレトロな衣装に身を包み、「べんとー、べんとー」の掛け声とともに、各社自慢のお弁当を宣伝し、車内を歩く。

主な販売商品は、新潟三新軒の「きざみわさびで食べるにいがた和牛 焼肉弁当」、三新軒の「鮭の焼漬弁当」、新発田三新軒「まさかいくらなんでも寿司」、神尾商事神尾弁当部の「村上の幸まるごと弁当」、池田屋の「きつねいなり鮭菊すし」、ホテルハイマートの「鱈めし」の販売を予定している。

実施区間と列車は、上越新幹線の上りとき318号、Maxとき320号、とき322号、Maxとき324号、Maxとき326号の5本と、下りとき323号、Maxとき325号、とき329号、Maxとき331号、Maxとき333号の5本で実施する。

詳細はこちら

情報提供元:Ex-Train
記事名:「JR東日本、11月6日に上越新幹線で懐かしの駅弁立ち売りスタイルで車内販売を実施!